リスクなく不動産投資ができると思っていませんか。戦略が重要です。

 

私が不動産投資を初めて思ったことは、「リスクを説明しないで独自のノウハウを押し付けている書籍やセミナーが多い」ということです。

もちろん、不動産投資ですので、リスクは0はありえないです。必ずリスクは伴うものです。ですが、著者や主催者がリスクを把握しきれていないのではないでしょうか。

講師や著者自身が、不動産投資を行って、出口戦略まで行って引退などをしたわけではなく、現在進行形でキャッシュフローが回っているような状態であたかも成功しているような事例が多いです。

つまり、月100万円のキャッシュフローが達成できた!!といっても、売却で−3000万の損切りとなってしまえば、月30ヶ月分のキャッシュ・フローを捨てることになるのです。

 

なぜ、不動産投資会社が物件を買わないのだろうか。

あなたは疑問に思いませんか。

なぜ、不動産投資で非公開物件を紹介してくるような会社が、自ら不動産を運営しないのか。だって、非公開でこの物件いいですよ〜と会員に売っています。

だったら、自分の会社で運営すればなおさら儲かるのではないか?

ですが、投資をしていながら物件紹介をしている不動産会社というのは極まれです。

 

私自身も投資家です。

サラリーマン投資家として、非公開物件欲しさに何十社も回りましたが、このように投資をしながら物件紹介をしている会社はほとんどありません。

私が出くわした不動産屋は、千葉県の某田舎市にキャッシュフローがかろうじて10%を超えていますが、耐用年数がオーバーしているような物件が5000万円という高値で販売してきました。

ちなみに収益還元法で計算を行うと、およそ3700万円程度であり、1300万円も釣り上げて販売していました。ちなみに、この会社は中間省略登記という手法を使って値段を上げています。ちなみにこの物件は4000万円で販売していたようですが、私の元に入ってきた際に「非公開情報」として、5000万円になっていました。

今現在、年金の不安や資産構成を目剤して、不動産投資はサラリーマンも取り組めるようになっています。なので、年間100万円を超えるセミナーなどが登場していますが、中身の実態がないものがほとんどです。

セミナーによってはエビデンスを修正(詳しくは別でお話します)を促しているものもあり、最後に自己責任であることを明示して逃げているものもほとんどであります。

当サイトは騙されて失敗から学んだこと不動産に関するネタや業者が言わない出口戦略を見据えたリスクを総合的に考えます

当サイトはそんな実態を打破すべく、不動産屋や投資家が集まって作ったサイト、それが失敗から学ぶ賢い不動産サイトCREVEREISです。

不動産会社が決して言わない出口戦略であったり、セミナーで1年間で10億円の物件を購入するようなことはどんなリスクがあるのかを投資家目線、不動産屋目線で講義形式でお届け致します。

不動産投資、いや不動産経営はとても楽しい事業なので興味あるなら絶対やったほうがいい

 

リスクや悪そうなことを書きましたが、興味があるならぜひやったほうがいいです。

不動産は将来の資産となるので、ぜひ買っていただきたい。

 

当サイトは、サラリーマン投資家に寄り添ったサイトを目指します。